Blog&column
ブログ・コラム

ドレープカーテンの遮光性について

query_builder 2022/10/08
コラム
26

ドレープカーテンとは、厚手でヒダがあるカーテンのことを指します。
優雅な雰囲気が特徴で取り入れるだけで、部屋の雰囲気が大きく変わるのが特徴です。
今回の記事では、ドレープカーテンの遮光性について紹介します。

▼ドレープカーテンの遮光性
ドレープカーテンは、遮光性が高く使い方次第でうまく光を調節できる機能があります。
その遮光性は3段階に分かれており、それぞれ以下の特徴があります。

■遮光3級
【遮光率:99.40~99.80%未満】
この等級のカーテンを使うと、部屋は薄暗い程度に遮光されます。
暗さのレベルとしては、人の顔は分かるが読み書きするには暗いという程度です。

■遮光2級
【遮光率:99.80~99.99%未満】
このカーテンを使うと、明るいうちでも室内を暗くすることができます。
しかし朝日や西日などの強いレベルの光は通すので、日差しを取り込みたい方におすすめです。

■遮光1級
【遮光率:99.99%以上】
ほとんど光を通さないレベルのカーテンです。
カーテンを閉めたのが昼間だとしても、電気を消せば人の顔の表情が全く分からなくなります。
日差しが強くてもしっかりと遮光してくれるため、外の光を出来る限りシャットアウトしたい方におすすめです。

▼まとめ
ドレープカーテンの遮光性には、遮光1~3級までのレベルがあります。
お部屋に光をどれくらい通したいのかによって、選ぶといいですよ。
【インテルジュKUSAKA】は、下松市周辺でインテリアや家具の販売を行っております。
カーテンなどのアイテムを取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 柳井市でインテリアお探しなら|天然素材の温かみのある家具を扱っています

    query_builder 2022/05/30
  • 適正な椅子の高さとは?

    query_builder 2022/11/22
  • 椅子用クッションの役割について

    query_builder 2022/11/15
  • おしゃれな椅子の選び方について

    query_builder 2022/11/08
  • ブランケットの使い方

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE